昔から薬に取り入れられている霊芝【その効果とは】

ガン予防ができるキノコ

男の人

免疫力アップに期待

霊芝は自然治癒能力を高める効果があることで有名なマンネンタケ科のキノコですが、その名前からも分かる通り、かなり強い生命力を持っているのが特長です。そして、その生命力の秘密は強い抗腫瘍活性を示す有効成分のβ-D-グルカンにあります。よく霊芝はガンに効果があると言われますが、β-D-グルカンにはマクロファージやナチュラルキラー細胞といった免疫細胞に働きかけて、体の免疫力を高めてくれる作用があります。とはいえ、β-D-グルカンそのものが、ガン細胞を直接攻撃しているというわけではありません。免疫細胞を活性化させることで、体内の自然治癒力を向上させて、結果的にガンを抑制したり攻撃したりしているわけです。また、霊芝の有効成分にはβ-D-グルカン以外に、ガノデリン酸などのトリテルペン類、さらに有機ゲルマニウムなどがあります。トリテルペンには血流を良くして血圧を安定させる効果があり、有機ゲルマニウムには高い抗酸化作用があります。加えて霊芝には、毎日の食事だけでは不足しやすい必要不可欠なミネラルがバランスよく含まれています。ですから、霊芝はガン予防だけでなく、様々な生活習慣病の予防や改善にも効果的だと言える健康食品なのです。また、霊芝はキノコですから、今のところ問題となるような副作用はほとんど報告されていません。これも霊芝という健康食品を長く続けていく上での大きなメリットであると言えるでしょう。さらに、他のサプリメントや医薬品と同時に使っても、これまでのところ特に悪い結果が出ていませんので、ひとまず安心して摂取することできると言えそうです。もちろん、何か持病がある方は念のために担当医に相談してから、サプリメントによる霊芝の摂取を始めてください。

Copyright © 2017 昔から薬に取り入れられている霊芝【その効果とは】 All Rights Reserved.