昔から薬に取り入れられている霊芝【その効果とは】

免疫力の活性化に優れる

夫婦

健康に役立つ成分の数々

元々体には免疫力が備わっていますから、ウイルスが侵入したり、ガン細胞の芽ができましても、免疫機能によってそれらは排除されます。しかし生活習慣の乱れやストレスをはじめ、様々な理由で免疫力が低下しますと、それらの病原体に対抗できなくなり、病気やガンになるリスクが高くなるのです。霊芝には体に備わる免疫力をアップする働きがあるため、その点で注目が集まっています。免疫力が高まりますと免疫細胞は全身を巡り、体に害を与える異物を、より効果的に撃退できるようになるのです。これが正常に機能している状態なら、ガン細胞が大きくなることは殆どありません。自らが持つ自然治癒力を高めて、健康維持に取り組めることが、霊芝の優れた魅力です。そしてこの効果は、霊芝に含まれるベータグルカンが、リンパ球の1種であるT細胞や、マクロファージを活性化することで、免疫力を底上げする仕組みになっています。また、霊芝にはトリテルペンと呼ばれる成分も含まれており、これにも抗ガン効果が期待されているのです。さらに、トリテルペンは血液の循環を改善して、血圧も下げる働きを持っているうえ、アレルギーと深く関わりのあるIgE抗体の発生を抑える効果も持っています。このため霊芝は、アトピー性皮膚炎や花粉症など、数々のアレルギーにも効果が期待できるのです。そのほか、B型肝炎や高脂血症の改善も含めまして、多彩な健康効果を望めることが霊芝の特長になっています。

Copyright © 2017 昔から薬に取り入れられている霊芝【その効果とは】 All Rights Reserved.